​医療プロジェクト

精神疾患治療の現状

薬剤治療は効果があるのだろうか?

自閉症・認知症・うつ病等は心の病だと言われてますが、

医学界では脳での疾患と証明されております。

最近ではカウンセリング等行っている病院も増えてますが、

まだ90%以上が投薬治療を行っているのが現状です。

これは、医学界と製薬会社との長く続いた

悪しき習慣にもなっております。

薬漬けにするのは製薬会社の戦略とも言えます。

 

精神病は簡単には治癒できません。

薬が患者様に悪影響を与え悪化させてるのも

一つの要因です。そのため、なるべく薬を

使わない方法を選択する必要があります。

元々、人には自然治癒力があります。

BRCでは薬を使わずに的確に検査されたデータにより、

脳を刺激して自然治癒力を活かし治療する

システムを開発しました。

BRCでは、ここ10年でうつ病なら99%、

自閉症、認知症については1万人を超える実績があります。

精神疾患を多く抱える日本社会では,本人はもとより

その家族、社会にも多くの影響が出てきております。

日本の将来を考えると多くの社会問題であり、

患者様への治療、完治はもちろんの事、

予備軍である私たちにも需要があります。

BRCシステムは、社会貢献である精神疾患解決と共に、

その予備軍たちにも需要があります。

人は、歳を取れば肉体や脳、記憶力が衰えるのが

当然のことと思っていました。

脳はトレーニングすれば発達します。

BRCは、社会貢献でもある精神疾患治癒はもちろんの事、

脳のアンチエイジングを目指しております。

脳のアンチエイジング

​ー BRCとは -

BRCは、アメリカで開発されたBTCシステムに

東洋医学を融合させた高度なシステムです。

今から30年前、アフガニスタン戦争の後遺症により

精神的な病気にかかるアメリカ軍人が社会的な

問題になっていました。その軍人たちは治療のため

投薬治療を行っていましたが、この薬のため「うつ病」

になり社会復帰にできないなど大きな問題でした。

そこで、薬を使わず脳を刺激して治療するという

システムが研究・開発され、

コカ・コーラ本社から$1,000万ドルの支援を得て

設立されたのがBTCシステムです。

このBTCシステムを基に、東洋医学の数多い

データの研究を重ね、西欧医学と東洋医学を融合させ、

独自のBRCシステムを開発しました。

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-16-15

©2011 by ONEON